忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現在


外部対策と内部対策、結局のところどちらを強化するべきか?ということですが、両方なのです。外部対策、内部対策どちらも重要になってきました。以前は内部対策を強化しなくても、外部対策さえ重点に置けばランキングは上がっていました。ですが、残念ながらその手法は今は通用しません。内部対策を強化したうえで外部対策も強化する必要があります。むしろ内部対策の方が若干重要視されている傾向です。twitterのように、ブログなのに文字数の少ないブログやサイトの評価は高くありません。むしろ下手したらペナルティを受けます、うちのように・・・^^;(笑)。しかし、検索エンジンも変わってほしいと思っています。なぜなら、長い文章を読める人が減ってきているのですから。短い文章であっても、伝えたいことが伝わっていればいいではないですか!。その短い文章の中に重要な事が記述されていればそれはそれでいいではないですか!。お願いしますよ・・・(笑)。

対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
被リンクの種類は2つ「共通部分,オリジナル部分」。組合せ方は3通り
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」
「お知らせTwitter」は無くす方向で進める。事業ごとに2つもアカウントは要らぬ
「優先順位」高い順に仕事こなせ無くなった時が緊急休養のタイミング
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
検索アルゴリズムとは?コンピュータ・アルゴリズムと人アルゴリズム
画像リンクを増やす
SEO効果高いアンカーテキストは時代で変る。要約型・質問型被リンク
世の中はカネ(金)では無い。「世の中はチカラ」である。力が世の中を動かし、力が世の中を変える
URLに被リンク供給で一定期間、順位不安定になる。新規被リンクの評価が定まると検索順位は以後安定
SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず
「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK
検索エンジン集客多いサイト。標準ページと別でSEO集客ページ用意
キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
PR