忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

目的


SEOを施す際、購買目的キーワードで対策をする場合と、情報収集を目的としたキーワードで対策をする場合があります。この見極めを間違ってしまうと大変なことになります。どう大変かと言いますと、売り上げに大きな差が生じます。購買目的のキーワードで対策をした場合は順調に売り上げが上がっていきますが、情報収集目的でのキーワードで対策をしてしまうと、いつまで経っても売り上げは上がりません。上がるどころかゼロです。情報収集目的でのキーワードでいくら対策しても無駄です。対策するキーワードを選び間違えるとこのように酷い目にあってしまいます。ですので対策キーワードの選定はテキトーではなくしっかりと行うべきなのです。テキトーにキーワード選定をしてしまうと、売り上げが上がらないどころかアクセスも増えません。購買目的で対策しなくてはならないキーワードを情報収集対策キーワードに選定してしまうと効果がありません。逆もそうです。キーワード対策はしっかりとです。

池袋のカウンセリングサービスページ(催眠療法)
池袋 カウンセリング

Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
外部SEO戦略。被リンク強度は固定し、貼られ続ける固定被リンクを増やす。オールド被リンク増⇒安定
検索順位を上げるコツ。そのページ(URL)の「コンテンツ」に適したアンカーテキストで被リンク供給
情報充実URLは順位上がり易く情報不足URLは上がり辛い。ネットショップ商品ページも例外では無い
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
3つのリードタイム短縮で順位反映スピードは上がる。衛星サイト作成⇒被リンク設置⇒インデックス化
SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後
逆SEO対策とは。標的URLの検索順位を下げる対策。「虚偽の風説」を流布するページの順位を落とす
トップページがコンテンツSEOに不向きならサブURLで対策。無駄&無理
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要
SEOフィルター。被リンクに起因するフィルタリング、対策URLのコンテンツに起因のフィルタリング
PR